まくら 快眠

快眠したいなら、まくら?悪い枕は死亡率も高まるって本当!?

快眠できていますか!?

 

睡眠は時間より質が大事ですが、しっかり眠れていますか?
しっかり眠れているつもりでも、体のダルさ、頭が重い、目の疲れ、充血、むくみ、痩せられないなど、体がスッキリしなければ、睡眠の質を一度見直す必要があります。

 

睡眠時間は6〜7.5時間が一番適切とされています。
睡眠時間が6〜7.5時間より長くても短くても、睡眠時間が6〜7.5時間の人に比べると死亡率が高くなってしまうのです。
そして、時間はちゃんと6〜7.5時間取れていても、途中で起きるなどの不規則な睡眠も死亡率が高まってしますのです。

 

人は寝ている間に、古い細胞から新しい細胞へ入れ替わっていきます。
ですが、質の悪い睡眠をとっていると、うまく新しい細胞へ入れ替わることができずに、細胞が古いままとなり健康に害が及んだりすることが分かっているのです。

 

 

その大事な快眠を妨げてしまう大きな原因の一つが「合わない枕」なのです。

「まくら」が合わないと、快眠できません。
その結果、体がだるくなったり、目の疲れ、充血などになったりするのです。
           また、睡眠時間が十分に確保出来ない為、死亡率も高くなってしまうのです;

 

ほんとに「まくら」で睡眠が変わるの?

確かに、ごもっともな意見です!
私も、以前までそう思っていましたので。。

 

枕は、寝心地がいいとかそんなレベルではありません。
快眠できるかは、まくらによって違うんです。

 

フジテレビの「エチカの鏡」で取り上げられていた脳波測定器「アルファテック4」という脳波を測ることができる測定器があります。
脳波はβ、α(3種類)、θの計5種類を測定出来るのですが、

 

   β・・・ストレスを感じている状態
   α(3種類)・・・リラックス状態
   θ・・・ウトウトしたり、入眠状態

 

つまり脳波は、ストレスを感じるβ波が少なく、ウトウト・入眠状態θ波を多くすれば、快眠できるのです。

 

なんと!!
その脳波に徹底的にこだわって作られたのが、「六角脳枕」というまくらで、実際に購入してみました♪

 

まくらで快眠!脳波で熟睡出来るかを研究された安眠枕って!?

まくらで快眠!脳波で熟睡出来るかを研究された安眠枕って!?

この枕は、ストレスを感じるβ波が極端に少なく、ウトウト・入眠状態θ波が圧倒的に多くなるように作られているのです。

 

スゴくないですか?

 

快眠が出来るように脳波から計算されたまくらなんです♪

 

この脳波の影響もあるのか、私は六角脳枕に変えてから、体調がよくなってきたのです^^

 

肩や腰のコリが楽になった♪

 

頭の重い感じがなくなった♪

 

目の疲れ・長年あった充血がなくなった♪

 

起きたいときに起きれるようになった♪(今まで典型的な夜型人間でした)

 

肩こり・腰痛・目の充血などは、一日で治るものではありません。マッサージなどで一時的には、良くなったとしても、また同じ生活に戻ってしまうと、体も戻ってしまいます。

 

旅行に行くと寝具が違うので、寝ごこちが違うって思ったことがあると思います!!
寝具が違うと睡眠の質が、全然違うのです。
これから先、ずーーーっと肩こりと一緒の生活って考えたら嫌だったので、私は、少し高いけど六角脳枕を買うことを選びました♪

 

これは個人的な意見ですが、今までの辛さがなくなって、スッキリと迎える朝は、ホントに幸せを感じます☆

 

人生の4分の1以上を過ごす寝具なので、体調がすぐれない方は、ぜひ一度枕を見直してみるといいと思います。

 

 

 

  

まくらで快眠!脳波で熟睡出来るかを研究された安眠枕って!?

 

送料無料・全額返金キャンペーン中!